GRIT(やり抜く力)には、情熱と粘り強さが必要!

人の2倍の才能が有っても努力が無ければ、持っているスキルも伸びません、凡人でも努力をし続けると2倍の才能を持つ人と同じスキルまで伸びますし、努力家なので今後もスキルは伸びていくでしょう。俳優のウィル・スミスは言っています。「才能とスキルは別物だとはっきり認識する必要がある」「だけど、一流になりたい、自分には夢がある、成し遂げたいことがあるんだ、なんて言っている人たちに限って、そのことをちゃんと理解していない。たしかに、才能は生まれつきのものだ。だがスキルは、ひたすら何百時間も何千時間もかけて身につけるしかない」と。努力によって初めて才能はスキルになり、努力によってスキルが生かされ、さまざまな物を生み出すことができる。著者がウエストポイント(米国陸軍士官学校)で開発したGRIT(やり抜く力)を計るグリット・スケールがある。やってみた、3.5点であった。満点は5点である。標本のアメリカ人成人の40㌫よりもやり抜く力があるという結果に成った。
情熱と粘り強さを問う10の設問があり、情熱を問う質問5、粘り強さを問う質問5と成っている。多くの場合情熱に対する点数が低い様だ。それほど、一つの事に情熱を燃やし続ける事が困難か解る。ある目標を達成する為に必要な中位の目標があり、その中位の目標を達成する為に下位の目標が出て来る凡人は下位の目標と中位の目標に時間がかかり、最上位の目標は、人生の最後の日まで達成出来ないかもしれません。そこに情熱が必要に成ってきます。多くの人は「情熱」を「夢中」や「熱中」と同意語と思っているかも知れません。情熱とは「一つの事にじっくりと長い間取り組む姿勢」「一つの事に倦まずたゆまず専念する事」ではないでしょうか?しかし、我々歯科医師は情熱を燃やし易い人種ではないでしょうか?私は上位の目標を歯科業界の発展、人々の口腔内の機能回復および健康管理(全身も含む)にしています。この様に歯科と言う範囲から逃げられないからと思います。中には、グリーンと言う音楽活動もしている歯科医師もいますが、
才能ありの人だと考えています。最後には、歯科に特化して情熱を燃やす事でしょう。パラダイムシフトはどの業界でも起こります。歯科もしかり、ボーとしていたら若い先生に置いて行かれます。上位目標達成の為に、まだまだ情熱を燃やし続ける必要があります。しかも、粘り強く。一つの事に情熱を燃やし何年かかるか解らないが、粘り強く行動を起こす。その先に有るのが達成と言う事象なのだと思います。

GRIT(やり抜く力)には何が必要か?

身体能力と脳力が優れている人が「ビースト」を乗り越えられるか?あまり関係は無いみたいです。では何が必要か?(「ネバー ギブアップ」決して諦めない!的な心の持ちようが必要みたいです。IQが高く身体能力が良く、能力=脳力があっても1つの事をやり遂げられない人が多くいます。まずは、人生哲学を持つ事。一生をかけてやりたい事を持っていますか?あなたの「情熱」は何ですか?「ネバー ギブアップ」と思える何かに打ち込んでいますか?まずは、それを見つけなくては全て中途半端な出来栄えに成るのでは?では、どの様にして見つけるのか。自分の仕事の優先順位をつける。1、仕事の目標を15~20個紙に書き出す。2、自分にとって何が重要なのかを良く考え、最も重要な物5つに○を付ける。5個を超えてはいけません。3、○を付けなかった残りの目標を良く目に焼き付ける。そして今後はそれらの目標に絶対に関わらない様にする。何故なら、気が散って余計な事に時間とエネルギーを取られ、元々重要な目標に集中出来なくなるからだそうだ。集中できる目標は決まったでしょうか?そこには、自分の才能が活かせる物が目標にあがっていると思います。その才能を活かして、まずは達成感を味わいましょう。才能を活かし努力をすればスキルが生まれます。才能×努力=スキル。そのスキルを活かし努力をしてやっと達成と成ります。スキル×努力=達成   物事を達成する為には2度の努力が必要に成ります。日本人は勤勉化が多く努力と言う言葉には、馴染みがあると思います。才能のある人が努力をしたいと思う様な環境づくりも必要かと思います。
次回 情熱と粘り強さがGRIT

GRIT

GRIT(やり抜く力)には何が必要?
身体能力と脳力が優れている人が「ビースト」を乗り越えられるか?あまり関係は無いみたいです。では何が必要か?(「ネバー ギブアップ」決して諦めない!的な心の持ちようが必要みたいです。

GRIT partⅡ

米国陸軍士官学校(ウエストポイント)への入学を許可されるのは、高校2年のうちから志願をし、連邦議会議員・上院議員・もしくは米国副大統領の推薦状が不可欠で身体的能力は勿論、高度な脳力が必要で、毎年全米で14000名以上もの高校2年生がウエストポイントへの入学を志願しますが、最終的には1200名程度が入学を許可されるようです。ハーバード大学へ入るより難しいかも?しかし、士官候補生の5人に1人(20㌫)が夏の入学直後に行なわれる7週間の厳しい基礎訓練に耐えきれずに辞めてしまうらしい。この訓練を(「ビースト・バラックス」獣舎)と言われ、略して「ビースト」と言われています。ある士官候補生は「ビースト」について、とにかくありとあらゆる面でこれでもかという程、試練が与えられ訓練は想像を絶する過酷さで、家族とも連絡は取れません。精神的にも肉体的にもギリギリの状態に追い込まれます。すると弱点がさらけだされる。そこが、ポイントみたいです。やり抜く力(GRIT)をためされている訳です。有望なはずの人が次々と辞めていく理由を調べる必要性が出て来ました。
次回はGRITには何が必要か?

今年の桜の開花は遅い様ですね。明日はもう、4月だというのに公園の桜は、まだ咲いていません。ふれあい道路沿いの桜は、少し咲き始めています。妻は、4月9日に友達と、牛久シャトーに花見に行く予定で、この調子で行くと丁度見ごろになると、喜んでいます。桜を見ながらバーベキューをする予定だとか・・・私は、今の所予定がないので、近所の公園にムムと散歩がてら花見と言った所でしょうか!!!

untitled
去年の公園の桜です。

 

洗口液の選び方

洗口液と液体ハミガキを総称して洗口剤と呼びます。
マウスウォシュやデンタルリンスは使用方法により「洗口液」と「液体ハミガキ」の2Typeに分ける事が出来ます。
まず、「洗口液」  ハブラシは使用しません。適量を口に含みブクブクウガイをし口臭の防止、口中の浄化そして口中を爽快にする物です。一方「液体ハミガキ」はブクブクウガイの後に、ハブラシを使用し、何時もの様にブラッシングをします。液は捨ててもそのままでも良いでしょう。
洗口剤の中には、殺菌作用、坑炎症作用のある薬用成分等が含まれており利便性は良いかと思います。ただ、液体ハミガキの中には研磨剤が入って無い為、タバコのヤニや歯のくすみ等は取れません。歯には優しいですが、歯の着色等は、普通の研磨剤入りのハミガキ剤が良いかも知れません。故意に飲むと害には成りますが、少量間違って飲んでも害には成りません。洗口液はノンアルコールの物を選択し、副咽頭(のどちんこ)の後ろに有る小さな空間の洗浄をして見て下さい、私からのお薦めです。
液体剤型の商品には、パッケージに何れか記入されています。

GRIT(やり抜く力)

失礼な話、私もこの本を買い少ししか読んでいませんが、面白く成りそうな本なので、今までの所の途中経過を書かせて頂きます。著者はペンシルバニア大学心理学教授のアンジェラ・ダックワース(女性)で、女性が書いたGRITという言葉に興味を持ち読み始めた訳です。アメリカの教育界で重要視されているGRIT(やり抜く力)の研究の第一人者で、2013年にマッカーサー賞(別名「天才賞」)を受賞しています。やはり、本の書き出しはマッカーサー賞(天才賞)から始まります。親からは、「おまえは天才じゃないんだぞ」!と幾度も言われて育ったみたいです。
日本の多くの親も無意識?の中で、自分の子供の才能、生まれ持った能力にこだわり他人の子供と比較をする。今では、学校も偏差値としてゲートを開き相応な人間を集めます。必然的に塾、予備校も偏差値相応な教え方をします。日本の高校の学力は偏差値70以上有れば非凡な学力(能力=脳力)が有ります。その中での競争でゲートをくぐれた人は勉強でのGRITが高かったと思います。仮に、この様な非凡な脳力を持つ人に今度は、東大の理科Ⅲ類の受験(勿論医者に成りたい人)をさせたらどうなるでしょう、狭いゲートを通過しなくてはいけません。GRITの高い人が合格するでしょう。入学したら、医者に成る為に勉強をして卒業をしないといけません。多分、この間に何名かはリタイヤしているでしょう。卒業して、名医と成る為には、努力が必要です。名医と言われ、病と闘い続けるには、もはや脳力=能力は関係なくGRITが一番大切に成ってきます。
次回予告  アメリカの話にもどし、「やり抜く力」の秘密についてです。

シンプルライフ生活

私達は生を受け、それを全うするまでの期間、つまり「人生」を出来るだけ豊かに、幸福に、そして、健康に過ごせる様願っています。特に戦後私達はかって経験したことが無い長寿を得られる様に成りました。「人生50年」と言われた時代が、今や男女共に80歳を優に超え、世界有数の長寿国家となり、先進国一の長寿を誇る様に成りました。長寿といっても健康でなければ意味がありません。これからは、健康長寿で世界一に成る必要が有ります。その為には、自分の健康は出来るだけ自分で管理をする「自己責任」と言う概念がジワジワと定着してきている証拠です。「自分の健康は自分で守る」、その為には良質な医療機関を選ぶ知恵も必要に成って来ます。誰しも老いる事を遅らせても老いる事は防ぐ事は出来ません。老いる事を遅らせる術は、一つには、脳の賦活です。何でも良く噛めることはボケの防止にも成るし効率の良い栄養摂取が出来ると言う事です。良く噛めるような口の中にしておく必要があります。今の内に良質な医科、歯科を見つけておく必要があるみたいです。当医院では、良質な材料を使用して、良質な口腔内環境を作りその状態を予防と言う手段で長持ちをさせる事に力を注いでいます。総入れ歯でも顎の骨が十分あれば普通の食事は問題ないと思います。最近ではインプラントが色々使用でき、硬い肉でも食べられる様にする事も可能に成りました。老いて来ると、最後に残る楽しみは、食べる事、話をする事、仲の良い友がいる事だと考えています。
最近になり、病気の90㌫は活性酸素で有る事が解っています。
残りの10㌫は、インフルエンザ、エイズ、結核、歯周病etc.
だそうです。活性酸素といえば、コエンザイムQ10、SOD様食品(サプリメント)の事は耳にすると思いますが、これらを選ぶ時には、低分子の物を選択しないと腸管から余り吸収されません。
何時までも、若々しくいられる様に努力してみましょう。
ハーツ  デンタル  クリニック
院長   永橋 克史 (D.rK)