「アンの家」にて

先日、仕事帰りに久しぶりに、アンの家に行きました。ビールを半分ぐらい

飲んだところで、三人の若者が入ってきました。よく見るとスタッフの一人が、

友達と一緒に飲みに来ていました。呼んでくれたので、おじさんも加えて

もらいました。スタッフの友達二人(1人はアメリカ人)は、英語で色々と

話をし、盛り上がっていました。話すスピードが速く、ついていけない私は、

ボーとしていました。時々通訳してもらい、話に混ぜてもらっていました。

国際社会の今、やはり英語は大事だと痛感しました。

                             Dr.K

関連記事

  1. 挨拶
  2. 愛犬と散歩する公園
  3. ラブの生命力
  4. クリスマス
  5. 60歳からのシンプル満足生活
  6. 影響力の武器を読んで No.2
  7. 土用の丑の日
  8. GRIT(やり抜く力)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP