唾液の作用

抗菌作用:唾液中にはラクトフェリンやリゾチームなどにより、細菌の

     増加を抑える作用があります。

PH緩衝作用:歯の表面にプラークが存在していると、炭水化物が口腔

       内に入ると酸性の環境になり、虫歯になりやすくなります。

       それを、中性に戻す作用が緩衝作用です。作用が弱いと

       虫歯になるリスクが高くなります。

Dr.K

関連記事

  1. 春の嵐
  2. 残暑!!
  3. ラブの誕生日
  4. CXP1B1とサルベストロール
  5. 常磐線にて
  6. 「アンの家」にて
  7. 変な?回答
  8. 花火大会はなぜ夏に開催されるのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP