唾液の作用

抗菌作用:唾液中にはラクトフェリンやリゾチームなどにより、細菌の

     増加を抑える作用があります。

PH緩衝作用:歯の表面にプラークが存在していると、炭水化物が口腔

       内に入ると酸性の環境になり、虫歯になりやすくなります。

       それを、中性に戻す作用が緩衝作用です。作用が弱いと

       虫歯になるリスクが高くなります。

Dr.K

関連記事

  1. ラブの生命力
  2. お風呂を使った健康法
  3. 貴方の健康年齢は何歳? No.8
  4. 健康な人統一基準 No.2
  5. 歯磨きについて
  6. ごあいさつ
  7. 永橋 三八夫
  8. 取手グリーンスポーツセンター Ⅲ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP