唾液の作用

抗菌作用:唾液中にはラクトフェリンやリゾチームなどにより、細菌の

     増加を抑える作用があります。

PH緩衝作用:歯の表面にプラークが存在していると、炭水化物が口腔

       内に入ると酸性の環境になり、虫歯になりやすくなります。

       それを、中性に戻す作用が緩衝作用です。作用が弱いと

       虫歯になるリスクが高くなります。

Dr.K

関連記事

  1. タイの洪水
  2. ゴールデンウィーク
  3. Decolated The Home.
  4. ボツリヌストキシンとアセチルコリン
  5. GRIT(やり抜く力)
  6. 常磐線にて
  7. 歯の定期検診の重要性
  8. 初雪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP