お風呂を使った健康法

熱いお湯とぬるいお湯で、体への作用が異なります。ぬるいお湯だと

副交感神経の活動が活発になり、心臓の鼓動がゆるやかになって

血圧が下がります。呼吸は遅く、筋肉は緩むのでリラックスします。

熱いお湯は、交感神経の活動が活発になるので、反対に脈拍は

速く、呼吸量は多く、活動的になります。

★ぬる湯・・・38~40度ぐらい、リラックス

        胃腸の働きが活発になる

        ストレス解消向き

☆あつ湯・・・41~44度ぐらい、リフレッシュ

        食欲を抑える

        筋肉の疲れを取り、目を覚ます

関連記事

  1. 貴方の健康年齢は何歳? No.6
  2. 公園にて
  3. 60歳からのシンプル満足生活
  4. ごあいさつ
  5. 微量栄養素
  6. 美容院
  7. CXP1B1(シップ ワン ビー ワン)
  8. 豚ウサギ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP