実現へ  No.1

私は、更なる可能性は無い物か考えています。これに、医療を付加させると

どうでしょうか。皆さんは口唇の範囲はどこまでかご存じでしょうか。口唇とは

口輪筋の範囲と同じなのです。そのため歯科医師が鼻深溝やマリオネット

ライン・口角の小じわに対して、ヒアルロンサンを打つ事が可能なのです。

                                Dr.K

関連記事

  1. 改革  No.3
  2. センター試験
  3. 8020運動  No.1
  4. 台風
  5. ラブの生命力
  6. 取手グリーンスポーツセンター Ⅳ
  7. 諦めると明らめる
  8. 健康な人統一基準 No.3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP