実現へ  No.1

私は、更なる可能性は無い物か考えています。これに、医療を付加させると

どうでしょうか。皆さんは口唇の範囲はどこまでかご存じでしょうか。口唇とは

口輪筋の範囲と同じなのです。そのため歯科医師が鼻深溝やマリオネット

ライン・口角の小じわに対して、ヒアルロンサンを打つ事が可能なのです。

                                Dr.K

関連記事

  1. 新しい年を迎え
  2. キュアとケアとヒール No.3
  3. Decolated The Home.
  4. 日光浴
  5. 初雪
  6. ごあいさつ
  7. 悪習慣
  8. 連休の過ごし方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP