影響力の武器を読んで No.4

 

権威(authority)ある医師の命令には、看護師は自分の専門的知識を取り去って「カチッ.サー」方式の反応に移ってしまい、自分が何をすべきかを決定する。彼女らの豊富な医学的訓練や知識は、まったく利用されなかった様です。例えば「直腸の耳痛」という奇妙な事例があります。ある医師が、感染症で痛みを訴えている患者の右耳に、耳の薬をさすように指示しました。処方箋には、完全にRight ear(右耳)と書かずにRightを略して、Place? in? R? ear と書きました。この処方箋を受け取った看護師は、正しく指定された数滴の、耳の薬を肛門にさしました。医師は右耳に投与すると書いたつもりなのに、看護師はRearを続けて読み、Rear(お尻)と勘違いして、Rear(お尻)に薬をさしてしまったのです。この様な事は、歯科医院にも起こる可能性があります。だから、情報の共有化が、必要になってくるのだと思います。

                                                Dr.K

 

関連記事

  1. 初雪
  2. お風呂を使った健康法
  3. キュアとケアとヒール No.3
  4. 駅の階段で
  5. プラセンタとは?
  6. 11月

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP