迷い

人間誰しも迷う事が有ると思う。人生とは、迷いの連続であると言っても過言ではない。迷いはチャンスで有る事も多い。

迷わない事は、今まで1本道を歩いてきた様なものだ。そこに突然、岐路が現れたらどうするか?困ったなと考えこみ、

前に進めなく成るのではないか?迷いについては、中国の古典(列子)にこうある。【心、まさに迷わんとする者は、まず是非を知る】ようするに、それは、

迷いが生じた(そのこと)に、意味を見いだせと言う事です。例えばXをする事になにも迷いはなかったが、Zが出てきた時どちらにしょうかと迷ったとしましょう。この時の迷いに意味が有る事を認識しましょう。Zが出てきたからZにしなさいと言うものでもありません。Zは迷いを生じさせるために現れたのだ。【こうする】と決めて、それに向かって突き進んでいる時(もう一度、よく考えなさい)という警告の様なものである。昔の人は、それを(天の声)といった。心理学では、(メンタルシグナル)と言うらしい。迷いが生じたら、それを

謙虚に受け入れて、大切にしなければならない。

                                             Dr。K

関連記事

  1. 貧窮問答歌(前回の続き)
  2. 人生の意味
  3. 健康な人統一基準 No.3
  4. 東北地方太平洋沖地震
  5. ペナルティー
  6. 初雪
  7. 咀嚼の重要性
  8. 今日の夕食

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP