アリ No.3

もっと正確に言えば、2対6対2の比率に成るみたいです。ものすごく勤勉なアリが2割で6割が普通、残りの2割が怠け者に成るそうです。それで、6割の普通のアリを怠け者のグループに入れると、2割が勤勉で8割が怠け者になる訳です。

さて、次に、勤勉なアリばかりを集めて新しいグループを作ります。すると、今まで勤勉に働いていたアリの8割が怠け者に転ずるそうです。依然として勤勉に働くアリは2割しかいないのです。

逆に怠け者のアリばかりを集めてグループを作ると、その内2割のアリが勤勉家に転じます。残りの8割は依然として怠け者のままなのですね。これは、人間の世界にも当てはまりそうです。例えば、ある企業で、各課からエリート社員を引き抜いて特別プロジェクト・チームを作りました。各課のナンバー1ばかりを集めて12人のチームを作った所、皆さんどう成ったと思いますか?皆さんの想像通り、チームが発足したとたんに2人が落ちこぼれに成ったそうです。つまり、こうです。2割の優秀な社員を作る為には、8割の怠け者の社員を必要とします。8割の怠け者がいなければ、2割は優秀にはなれないのです。

                                            Dr.K

関連記事

  1. 諦めると明らめる
  2. dear Love
  3. 口臭
  4. プラセンタの偽物に注意!!
  5. 新春頭の体操 No.1
  6. 貧窮問答歌(前回の続き)
  7. ごぼう茶
  8. 20年ぶりといわれる大雪に遭遇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP