キュアとケアとヒール No.3

歯科においてのヒールとは?

 ヒール(癒し)は医科においても難しい

のでは、ないでしょうか?何故なら各個人のヒールが一定ではない事、各個人のその場の感情により形が変わり、その感情に合わせた物を提供しなければ、ヒールとならない事など難しい問題があります。ましてや、歯科=痛いが常識の中で、どの様に考えれば良い物か?例えば、医科では、在宅ケア(往診)が有りました。歯科でも、最近になり、在宅治療が目覚ましく発展して来ました。私は、在宅治療は歯科でのヒールに成りはしないかと考えています。

                                           Dr.K

関連記事

  1. アルバム
  2. プラセンタ・パワー
  3. 終日(ひねもす)のたり、のたり哉
  4. コーチングのプロが教える「ほめる」技術より
  5. デロメアとは?
  6. 貴方の健康年齢は何歳? No.8
  7. 眠りに着くまでの読書
  8. 諦めると明らめる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP