研修旅行 No.4

また元へ戻りますが、Open Waterで潜れる深度は20㍍位でしょうか?しかし、陸上のような雑音は一切聞こえません。聞こえるのは、レギュレーターから出る自分の呼吸音とブクブクという泡の音です。本当に静かで、心が癒されます。魚も色鮮やかに自分を自己主張している様に近くまで寄って来てくれます。サンゴ礁も長く大きく綺麗に広がっています。と、

ここまでは良い所、危険な事も書いておきます。例えば、肺活量が3,000ccの素潜りの人が、40㍍潜りそのまま息を止めて海面に出ても何ら問題は有りません。何故なら40㍍潜り5気圧の抵抗を受け肺は600ccに成ってはいますが、無呼吸で海面に出ています。しかし、素潜りで40㍍潜り、苦しくなり見てみるとレギュレーターが有りました。もし、この人がレギュレーターで3000ccの空気を吸い込みそのまま海面に出てしまいました。どうなるでしょうか?レギュレーターは5気圧の抵抗を受けている圧縮空気です、海面に出ると、15000ccの空気が必要ですが、この人の肺活量は3000ccだっので肺が爆発してしまいます。この事を

Air Embolismと言います。講習を受けた時も、印象強くAir Embolism=肺大爆発

と覚えていました。しかし、この様な例は映画でしか見られないでしょう。一般的には、20㍍を30分~45分潜っていると、水深5㍍位の所で安全停止(減圧停止)を3分~5分位はさせられます。また、スキューバ ダイビングをした後24時間は高い所(飛行機、山、スカイダイビング)は出来ません。気圧の変化により、体内や脳の窒素がビールの栓を抜いた時の様に気泡化をして減圧症(窒素が気圧の変化により膨張を起こし、物凄い痛みを生じる)を生じる為。スカイとスキューバ面白さ、美しさ、危険度を考慮すると、私はスカイの方が好きです。

                                       Dr.K

関連記事

  1. 研修旅行 No.3
  2. 研修旅行 No.5
  3. 総合医療とは?
  4. 研修旅行 最終
  5. MR(メジカルリサーチ)21の講習会Ⅱ
  6. MR(メジカルリサーチ)21の講習会
  7. 研修旅行 No.2
  8. 研修旅行 No.6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP