ビタミンについて 

まずは、ビタミン類は体内では作れないという事です。

  • O ビタミン名     化合物名

ビタミンB1       チアミン

ビタミンB2       リボフラビン

ナイアシン      ニコチン酸(ビタミンB3

欠番 (ビタミンB4)

パントテン酸     パントテン酸(ビタミンB5

ビタミンB6     ピリドキシン、ピリドキサール

ビオチン       ビオチン(ビタミンB7

欠番(ビタミンB8

葉酸         葉酸(ビタミンB9)

ビタミンB12     シアノコバラミン

ビタミンB群とは水溶性で上記の8種をさしビタミンB複合体ともいわれ、生体内では補酵素として働いています。作用が同じで登録されている、ビタミンB群はまだ多く20種類は在るのではないでしょうか?しかし本当のビタミンB群化合物は8種類しか在りません。ビタミンB群は簡単に言うと、水に溶ける事(水溶性)であることと、炭水化物をエネルギーに変えるときの補酵素としての働きがあるということです。

                                       Dr.K

関連記事

  1. 高濃度ビタミンC
  2. 高濃度ビタミンC
  3. ビタミンC
  4. Dr.南雲 その3
  5. Dr.南雲 その2
  6. 高濃度ビタミンC
  7. 保険治療と自由診療
  8. 医学博士 南雲吉則&オーガスト・ハーゲスハイマーの講演会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP