高濃度ビタミンC

では、何故ガンの代替治療として注目されているのかを述べていきます。ビタミンCはご存じの様に、コラーゲンの成正の時に必要なこと、高度な抗酸化作用があり、-O2(活性酸素)OH-(ヒドロキシラジカル)、過酸化水素水(H2O2等の酸化物質を消去する働きを持っています。また、脂肪酸の連続酸化に対しては、ビタミンEがそれを防いでいますが酸化をされヒドロキシビタミンEに成ります。ビタミンCは酸化をされたビタミンEをもとのビタミンEに変える作用もあります。この様に色々な役目を持っているのがビタミンCです。ここで出てきた過酸化水素水ですが、普通の正常な細胞にはH2O2を分解する力があります。しかし、ガン細胞にはH2O2を分解できません。ここに目をつけたのが高濃度ビタミンC療法となるのです。

                                          Dr.K

関連記事

  1. 病気(特にがん)と戦う
  2. α-リポ酸
  3. Dr.南雲 その2
  4. α-リポ酸
  5. ビタミンC
  6. 高濃度ビタミンC
  7. 医学博士 南雲吉則&オーガスト・ハーゲスハイマーの講演会
  8. Dr.南雲 その3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP