"龍馬になりたい!”を読んで

土佐人ひいきの中内功はダイエーが飛躍するきっかけと成った、大型店舗の第一号店は龍馬と勝が興した神戸海軍操練所の寮の跡地にあり、海援隊の遺志継いだ気持ちであると記している。幕末、何故龍馬だけが皆の心に残っているのでしょうか?板垣退助やジョン・万次郎も活躍していたはずですが。それは、龍馬が17歳で脱藩をし、満32歳かぞえの33歳で暗殺され、その短い時間に思想家の龍馬がいたり、商売人の龍馬がいたり、とにかく短い時間を疾風したからではないでしょうか?しかも、その根底には、皆平等、日本国を作ると言うものが有ります。

                                           Dr.K

関連記事

  1. ”龍馬になりたい!”を読んで
  2. "龍馬になりたい!”を読んで
  3. 坂本 龍馬
  4. ”龍馬になりたい!”を読んで
  5. ”龍馬になりたい!”を読んで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP