”龍馬になりたい!”を読んで

孫正義   人生の転機に学んだ男の生きざま

殆どの龍馬fulwannは司馬遼太郎の(竜馬がゆく)を読んでいます。孫正義さんの場合は3回読んだと言います。最初に読んだのが、15歳の時に高校を中退し故郷の佐賀を離れ、アメリカに留学しょうと心に決めた時。運悪く父が肝臓を患い吐血をし緊急入院し、家族や親戚から「家族がこんなに苦労している時に1人でアメリカへ行くつもりか」と猛反対された時、この本のおかげで、次の様な決意をしました。大きな義をとる為には、時として人を泣かせる事があってもしょうがないじゃないか。人生の中でここぞと言う時には、大義をとらなければならない事がある。家族には、いつか恩返しができる日が来るだろう。保守的な土佐藩を見切り、脱藩した竜馬の心境だったと述べています。

                                  Dr.K

関連記事

  1. "龍馬になりたい!”を読んで
  2. ”龍馬になりたい!”を読んで
  3. 坂本 龍馬
  4. ”龍馬になりたい!”を読んで
  5. "龍馬になりたい!”を読んで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP