歯科医の仕事

歯科医師の仕事の一つに、炎症を起こしにくい体質創りも有るのではないかと考える、今日この頃です。

歯周病とは、歯茎の歯に接している所が炎症を起こし潰瘍が出来た状態です。潰瘍=口内炎と考えると、その面積は相当な範囲と成ります。ただ、20歳以上になるとその80㌫以上の人が持っている病気でも在るのです。

歯根嚢胞、歯根肉芽種とはいわゆる歯根の病気です。レントゲンで見ると、根っこの先にある黒っぽい影にあたります。歯周病菌も血液の中に入り、色々と身体にとって良くない事を生じさせますが、圧倒的に血液のなかで見られる細菌は歯根嚢胞や歯根肉芽種の中にいる細菌のほうが多いのです。口の中の細菌は200700種類とも言われ、その殆んどが常在菌なのです。腸内細菌と同じで、何時もは身体に問題が起こらない様にして守ってくれているのです。では、何故常在菌が身体を守れなくなるの?次回へ

                                           Dr.K

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP