歯周組織炎(歯周病)の治療法 No.1

そもそも、炎症って何?生体に、色々な侵襲(ストレス)に対しての生体の局所あるいは全身性の反応なのです。その病態形成にはサイトカインが関係してきます。その中で、炎症の病態に関係しているものを、炎症性サイトカインと呼びます。感染など炎症がおこった時、好中球等の炎症細胞浸潤が起こります。歯肉で言うとICT(インフィルトレイテッド コネクチブチシュー)と言い、炎症細胞浸潤の起こった結合組識で、約2㍉の幅があるとされています。

   Dr.K1667007005_s                                            

関連記事

  1. 新しい歯周病治療の一考察
  2. 新しい歯周病治療の一考察 No.2
  3. 歯周組織炎(歯周病)の治療法 No.2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP