ラブとムム

現在、私のマンションは一応、他人に迷惑をかけない動物は飼っても良い事になっている。その走りとなったのがLoveである。以前に勤務をしていた歯科医院の材料屋さんに、犬を買ったのだけど其処のマンションが動物はN.Gの所で、飼ってくれる人を探しているとの事でした。私は、O.Kを出して譲り受ける事となりました。Loveと対面したのは、彼女が9ヶ月位に成っていました。我がマンションの第1号の動物だったと思います。我がマンションの規則では、動物を飼う事について、良いとも悪いとも解らない様な文言でした。それから、ポツポツと犬や猫を飼う住民が増え、マンションの敷地内でオシッコやウンチをする犬が増え、動物を飼う事に反対する住民から苦情が出て理事会で話し合いをしました。結果、散歩等の時は敷地内では下ろさないで抱っこをし、道路に出て散歩に出かける様に決まり、現在もそれは継承されています。それから、16Loveも老犬と成り、寝ている時間が多くなり、当たり前ですが昔の様な元気さがなくなりました。寝顔を見ていると、昔の事を色々と思い出します。あと、4年は大丈夫でしょう。

ムム(夢夢)が何故いるのかって?ムムの方は、上の息子が買いました。たまに預かってくれと置いていきます。息子とムム(夢夢)との出会いは、仕事の帰り道のペットショップで見かけ、他の犬は買われて行くのにムム(夢夢)だけは何時もいて、しかもあまり目立たない所に置かれていたそうです。最初は10万円以上の値段が付いていてとても手が届かない存在だったみたいです。それがある日、立ち寄ると3万円に成っていたそうです。その時ムム(夢夢)はソロソロ1歳に成ろうとしていました。息子が買いたいと言う事を申し出ると店員さんも喜び、もうソロソロ何とかしなくてはと考えていたみたいで、3万円で買いましたが、3万円の商品券を付けてくれたみたいで、商品券でゲージとか他諸々そろえたそうです。息子は都内のマンションに住んでおり、休みの時はムム(夢夢)の散歩がてら、動物O.Kのカフェでコーヒーをすすりながら、パソコンで仕事をしているみたいです。勿論、ムム(夢夢)も食事をしています。一緒に。

ただ、仕事の時は食事を多めに置き電気もエアコンも点けず夜遅くまで放置らしいです。その様な環境を考えると、こちらの方が良いのではと考えてしまいます。因みにLoveはポメラニアンで、ムム(夢夢)はシーズーとマルチーズのミックスだそうです。

Loveは未だかって病気知らず≒85歳、これからも2匹とも元気で長生きをしてもらいたいと思います。

                                        Dr.K

関連記事

  1. モーニング
  2. 謹賀新年
  3. 痛ましい事件
  4. ムム&ラブ
  5. 梅雨入り
  6. 人生が2度あれば
  7. 福寿草
  8. 秋葉原

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP