医学博士 南雲吉則&オーガスト・ハーゲスハイマーの講演会

今回のD.R南雲の出版する本は、前回の健康法ごぼう茶を飲む(言うならば理論編)とは随分と違い料理本のような物に成っていました。両方とも、健康を追及した本には違い無いのですが。俗に言うアンチ エイジングの本です。アンチ エイジングは不可能なので、酸化され続ける身体を抗酸化作用のある物で少しでも若く見える身体にするかが基本的な考え方です。その本は、痩せたければ「良い油=オメガ3」を採りなさいと言うものです。チアシード(サルバチア)、サチャインチオイル、サチャインチナッツなど聞きなれない物でした。講演会が終わり5時~7時30分までは、4000円で其処にある酒及び食べ物の飲み放題、食べ放題というものです。勿論D.R南雲やオーガスト ハーゲスハイマーとの会話も出来ると言うものです。私には、もう一つ友人と合う約束もありました。その友人とD.R南雲とは同級生です。
その友人は、先約があり(Sutudy Group)の中で教授に成った友人の祝賀会が終わってから合流するという事に成っていました。1時間程遅れて会いました。それから、友人とD.R南雲と私で会話をしながらかなり早いペースでお酒をのみました。私とD.R南雲とはその友人を介しての友人と言う事に成ります。D.R南雲とは、若い頃は、がんの乳房再建やバストアップ等でかなり有名でした。大学生の頃から知ってはいましたが、やはり友人を介しての友人でした。次は、オメガ3の使用方法を書きたいと思います。

untitled

                                Dr.K

関連記事

  1. Dr.南雲 その3
  2. α-リポ酸
  3. ビタミンについて 
  4. 高濃度ビタミンC
  5. α-リポ酸
  6. 病気(特にがん)と戦う
  7. 高濃度ビタミンC
  8. チアシードの効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP