Dr.南雲 その3

さて、このシリーズも最終回です。前から、活性酸素は身体を錆びさせます。若い時はSOD(スーパーオキシドシスムターゼ)が働き、活性酸素をある程度、除去してくれます、しかし歳を重ねるとSODも減少し、活性酸素が増え様々な病気の基を作ります。細胞内では、ミトコンドリアが酵素と反応して、エネルギーを作ります。その時必ず活性酸素が出ます。肝臓の細胞には、一細胞に2~3個のミトコンドリアが存在してるそうです。それだけ、活性酸素も増えると言う事です。活性酸素を減らす事、即アンチ エイジングに繋がります。コエンザイムQ10,ビタミンC、ビタミンB群、プラセンタ、グルタチオン、アルファリポ酸等など在りますが、以前南雲先生がゴボウ茶を勧めていましたが、今回はチアシード、サチャインチオイル、サチャインチナッツの「いい油」Omega3を推薦しています。私は、チアシードの中でも、上等な物を集めたサルバチアを、Toretaとかヨーグリーナの飲料水の中に、入れて飲んでいます。ツブツブのゴマみたいな物で、水分を含むと10倍位に膨らみます。あじは、飲み物の味しかせず、ツブツブが少し口の中に残ります。ま、ゴボウ茶より飲みやすいと思います。まだ、1週間位しか飲んでいませんが、便通が良くなった気がします。私の医院もアンチ エイジングに少し力を入れて行こうかと思っています。サプリメントを含め皆様の力添えに少しでも力になれたら良いかなと思っています。

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????Dr.K

untitled

関連記事

  1. ビタミンC
  2. 高濃度ビタミンC
  3. 高濃度ビタミンC
  4. 高濃度ビタミンC
  5. 病気(特にがん)と戦う
  6. Super Food チアシードの効果
  7. チアシードの効果
  8. α-リポ酸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP