私のインプラントの歴史 その1

私が行ってきたインプラントの種類(歴史)を書いてみます。歯科大学を出て、6~7年位は経っていたでしょうか?その当時は故郷の高知の歯科医院で勤務をしておりました。その当時のインプラントと言えば、リンコーのブレードインプランが使用されていました。厚さが2㍉~3㍉で材質はチタンでした。脚の部分が特殊な型をしており、インプラントの厚さと長さに合わせて、骨を溝状に形成をしインプラントを埋め、残っている自分の歯とでブリッジのような形にして使用していたと思います。インプラントには興味はありましたが、リンコーのブレードインプラントは使用しませんでした。同時位にキョウセラのサファイヤインプラントも使用されていたと思います。院長はこのインプラントを使用しておりましたが、私は使用しませんでした。

                                  Dr.K

関連記事

  1. 私のインプラントの歴史 その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP