デロメアとは?

癌は活性酸素などによる変異が原因である。では、どの様な変異が起こるのでしょうか?正常細胞の増殖に必要な癌遺伝子に起こり、異常増殖を促進する。癌抑制遺伝子が変異により不活性化を起こすと、細胞にアポドーシスが誘導されなく成ります。結果体細胞ば急速に増殖する。これが、癌と成ります。こうして出来た小さな癌はテロメアが短縮するまでは、成長しますがテロメアが無くなった時点で癌は死滅します。しかしここで何らかの理由でテロメラーゼが発現すると無限分裂寿命を獲得して、本物の癌と成るのです。人間の細胞は約60兆個と言われており、たえずこの様な反応は起こっているのですが、体細胞でテロメラーゼが抑制されて本物の癌に成る事が少ない訳です。人間の体細胞はテロメラーゼ活性を持ち合わせてなく、誕生の時点で10000~15000塩基対(アデニンとチミン、シトシンとグアニン)が有りますが、組織は違っても年間100塩基対程は短く成るようです。これが5000塩基対位に成ると細胞増殖が不能に成る様です。例えば、損傷と修復繰り返す部位の血管内皮細胞では分裂が進みテロメアが他の部位より短縮して、修復不全を起こし動脈硬化などを進行させる恐れもあります。長生きをしたいならば、どうやら規則正しい生活環境を作り守っていく事が重要だと思います。

                                  Dr.K

関連記事

  1. ディズニーシーとガラケー
  2. 終日(ひねもす)のたり、のたり哉
  3. 白井福祉センターにて
  4. 歯が無いのは病気ですか?
  5. プラセンタの偽物に注意!!
  6. 取手グリーンスポーツセンター Ⅱ
  7. 終焉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP