取手グリーンスポーツセンター Ⅱ

前回は、小学生が一番楽しみにしている下校時の寄り道!!その寄り道をしてしまった。そう、有機質なエンジン音と共に走りだしたファミリーカーであるが、目的地のスポーツセンターまでは、車で約5分程度、私は車や、電車等の統一性の無い振動をする乗り物の中では、瞼が鉛の様に重くなり直ぐに眠りに就く。僅か、5分が随分長く感じ、妻の着いたよの言葉で鉛の様に思い瞼に目薬と言う潤滑油を入れ、目に力を込めて明るく光るまで開いて行く。そこには、昔懐かしいグリスポの姿が目に飛び込んで来た。

                               Dr.K  

関連記事

  1. 60歳からのシンプル満足ライフ
  2. 影響力の武器を読んで No.5
  3. サプリメント(フェルガード)
  4. 花火大会はなぜ夏に開催されるのか
  5. 侵入者
  6. 成長と自己変革を続けている人が持つ6つの特徴
  7. 咬むということは(読売新聞より)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP