取手グリーンスポーツセンター Ⅳ

前回、アイソトニクスと言う言葉が出ましたが、そもそも何故急に運動に目覚めたかと言いますと、家の体重計がマイナス2kgで表示されているのに気づかず、その表示からマイナス2kgすれば60kgで標準と思っていました。所が、間違いに気ずき体脂肪、内臓脂肪も計れる体重計を購入し、いざ乗ってみると64kgという表示目標まで4kgと成り重たい腰を上げ運動と成った訳です。運動には、アイソトニクス(等張性筋収縮)いわゆる通常の運動がこれにあたります。私が好んで行なう運動があいそメトリクス(等尺性筋収縮)超、昔に少し流行したブルワーカーを知りませんか?筋肉を同じ長さで収縮させる運動です。例えばベンチプレスを行なう場合上げ下げせずに途中で止めて維持をする様な運動です。噛み合わせも本来ならば、アイソメトリクスでなければ成りません。中心咬合位に両側の筋肉は等尺性の収縮でないとT・M・Dを起こす可能性が大きく成ると思います。これに似ているリハビリにPNF(神経筋促通法)が有ります。これも、ある運動に抵抗をし、筋肉の長さを一定の長さに保つ運動です。後、アイソキネチックス(等速性筋収縮)という運動が有りますが、特殊なMachineを使用する必要が有るので通常では出来ません。とにかく、私は60kgを目指して頑張ります。

                                  Dr.K

関連記事

  1. 永橋 三八夫
  2. 青空
  3. プラセンタの偽物に注意!!
  4. 休日
  5. 思春期
  6. 金環日食
  7. 60歳からのシンプル満足生活

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP