タイプ別アクノリッジメント

アクノリッジメント(承認すること)とは、人は何ヤカンヤ言っても、
ひとりでは何も出来ません。だから認められているよ(承認していますよ)!と言う何かを欲しがっているのでしょう。認められない=不必要な人間?独りぼっち?的に成りやる気を無くす、そして仕事を辞める。と成って行くのでは無いでしょうか?
 コントロラーに対するアクノリッジメント *この傾向が強い人は基本がコントロールされたくないです。歯が浮くような少しお世辞的な表現だと、コントロールをして来るのでは?と勘繰り余り有効では無いみたいです。
 プロモーターに対するアクノリッジメント*この傾向の強い人は、褒めれば、褒めるほど気分を良くするタイプです。何でも良いから褒めてあげれば、モチベーションが上がるタイプです。

次回に続く

関連記事

  1. 駅前の銅像
  2. 桜の開花宣言
  3. CXP1B1(シップ ワン ビー ワン)
  4. ホスピタリティー(おもてなし)の大切さ
  5. 咬むということは(読売新聞より)
  6. 花火大会はなぜ夏に開催されるのか
  7. カップヌードル
  8. 紅葉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP