貧窮問答歌

風雑(まじ)へ 雨降る夜(よ)の 雨雑(まじ)へ 雪降る夜(よ)は 術(すべ)もなく 寒くしあれば 堅塩(かたしお)を 取(と)りつづしろひ

糟(かす)湯(ゆ)酒(ざけ) うち啜(すす)ろひて 咳(しはぶ)かひ 鼻びしびしに しかとあらぬ 鬚(ひげ)かき撫(な)でて 我(あれ)を除(お)きて

人は在らじと 誇(ほこ)ろへど 寒くしあれば 麻(あさ)衾(ぶすま) 引き被(かぶふ)り 布(ぬの)肩衣(かたぎぬ)  有りのことごと 服襲(きそ)へども

寒き夜すらを 我(われ)よりも 貧しき人の 父母は 飢ゑ寒(こご)ゆらむ 妻子(めご)どもは 吟(にょ)び泣くらむ 此の時

は 如何(いか)にしつつか 汝(な)が世は渡る

天地(あめつち)は 廣(ひろ)しといへど 吾(あ)が爲(ため)は 狭(さ)くやなりぬる 日月(ひづき)は 明(あか)しといへども 吾(あ)が爲(ため)は 照りや

給(のた)はぬ 人皆か 吾(あれ)のみや然る  わくらばに 人とはあるを 人並(ひとなみ)に 吾(あれ)も作(つく)るを 綿も無き

布(ぬの)肩衣(かたぎぬ)の 海(み)松(る)の如(ごと) わわけさがれる 檻(かが)棲(ふ)のみ 肩に打ち懸(か)け 伏廬(ふせいほ)の 曲廬(まげいほ)の内に直土(ひたつち)に

藁(わら)解き敷きて 父母は 枕(まくら)の方(かた)に 妻子(めこ)どもは 足(あと)の方(かた)に 圍(かく)み居(ゐ)て 憂(うれ)へ吟(さまよ)ひ 竃(かまど)には 火(ほ)氣(け)

ふきたてず 甑(こしき)には 蜘蛛(くも)の巣懸(か)きて 飯(いひ)炊(かし)く 事も忘れて 鵼(ぬえ)鳥(どり)の 訷(のど)吟(よ)ひ居(お)るに いとのきて

短き物を 端(はし)載(き)ると 伝えるが如く 楚(しも)取(とと)る 里(さと)長(おさ)が聲(こえ)は 寝屋(ねや)土(ど)まで 来(き)立ち呼(よ)ばひぬ 欺(あざむ)くば

かり 術(すべ)無きものか 世(よの)間(なか)のみち (巻五-八九二)

世間(よのなか)を憂(う)しとやさしと思えども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば  (巻五-八九三)

萬葉の異才・山上憶良   貧窮問答歌とその周辺 より抜粋
作者は私の父で(永橋三八夫)現在九六歳でほぼ寝たきりですが、自慢出来る親父です。
親父も農家の長男として生まれ、私達子供を苦労しながら、育ててくれたと思います。
だから、この歌も古代農民の生活を描いていると思います。言語が現在と違う為、一応
ルビで読み方が解る様にはしていますが、大意が解らないと思います。次回にどの様な内容か書いてみます。

関連記事

  1. 終日(ひねもす)のたり、のたり哉
  2. 20年ぶりといわれる大雪に遭遇
  3. 貴方の健康年齢は何歳? No.2
  4. 東北地方太平洋沖地震
  5. 豚ウサギ
  6. 紫陽花
  7. 公園にて
  8. 飲みすぎ注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP