貧窮問答歌(前回の続き)

萬葉の異才・山上憶良   貧窮問答歌とその周辺(永橋三八夫作)で前回(巻五-八九二)
(巻五-八九三)をのせました。その大意をかきたいと思います。
    
巻五-八九二の大意   ;風をまじえて雨の降る夜の、雨をまじえて雪の降る夜は、何ともしようもなく寒いので、堅い塩を取って少しずつかじり、糟湯酒をすすりながら、何度もせきをして、鼻をぐずぐずさせて少しばかりの鬚をなぜては、自分をさしおいて能ある人間はおるまいと、大いにうぬぼれているのだが、寒さが身にこたえるので、麻の夜具をひっかぶり、布肩衣をありったけ重ねて着ても、まだまだ寒い夜なのに、自分より貧しい人の父母は腹がすいてこごえているだろうし、妻や子たちは、力のない声を立てて泣いていることだろう。こういう時は、どんな風にお前は暮らしているのだね。(貧者の声)
天地は広いと言うけれど、自分のためには狭くなってしまったのか。(自分は身の置き所が無いような気がする)太陽や月は明るく照るというけれど、自分のためには照ってくれないのか。(世の中は闇のような気がする)誰でもそうなのであろうか。自分だけがこんなのだろうか。希な機会を得て人間として生まれてきたものを、(佛教では鳥やけものに生まれでるのは易しいが人間として生まれでることはむつかしいとされている)人並みに自分も耕作しているものを、綿もない布肩衣の、みるのようなばらばらに破れてぶら下がったボロばかりを肩に打ちかけて、つぶれたような家の中に、土にぢかに藁をぱらぱらと敷いて、父母は枕の方に、妻子たちは足もとの方に、(この頼りにならん自分)を囲んで嘆き悲しみ、かまどには湯気も立てず、こしきには蜘蛛の巣をかけたままで、(穀物が手に入らないので)飯を炊くことも忘れ、細々とした声を立てているのに、格別に短い物を、更に、その端を切るという諺のように、(悪いうえに悪いことが重なって)苔を持った里長が寝屋の戸口までやって来て、立ちはだかって叫びたてている。こんなに何とも仕方のないものだろうか。この世に生きてゆくことは。(極貧者の声)

巻五-八九三  ;世に生きてゆくことは憂し、はずかしいと思うけれども、飛び立つこともできない。鳥ではないので。                                                            

山上憶良は、下級貴族の部類に階級分けされていたみたいです。しかし、貴族は貴族です何故
この様な歌を詠み始めたのか、親父は永遠と述べておりましたが、私には理解できない内容でした。勝手な解釈を書けば、親父に失礼にあたると思い、書きませんが、貴族と言っても下級です。
しかも、時代は奈良朝?、天皇をもとより身分制度がきっちりとしていたかと思います。下級貴族のなかでも、順列がありそうです。現在では、能力とお金がある人の方が良い地位につけ上を狙って頑張れば上に行ける時代です。一発逆転も夢ではありません。
山上憶良の時代は仮に能力、お金があってもしかたが無かったのではないでしょうか?だから、上層の裕福な贅沢人を見るより、下層の苦労人の代弁者に成ったのではないでしょうか?
人間に生まれて来たからには、苦労人(貧窮者)でも仕方が無い、でも鳥に生まれて入れば、何処かに飛んでいくのではないでしょうか?

          萬葉の異才・山上憶良  貧窮問答歌とその周辺
                作者 ;永橋三八夫(私の親父)

関連記事

  1. 豚肉No。2
  2. 春の嵐
  3. 健康な人統一基準 No.3
  4. Be walking
  5. 実現へ  No.1
  6. 常磐線にて
  7. 一年の感謝をこめて
  8. 一周年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP