シンプルライフ生活

私達は生を受け、それを全うするまでの期間、つまり「人生」を出来るだけ豊かに、幸福に、そして、健康に過ごせる様願っています。特に戦後私達はかって経験したことが無い長寿を得られる様に成りました。「人生50年」と言われた時代が、今や男女共に80歳を優に超え、世界有数の長寿国家となり、先進国一の長寿を誇る様に成りました。長寿といっても健康でなければ意味がありません。これからは、健康長寿で世界一に成る必要が有ります。その為には、自分の健康は出来るだけ自分で管理をする「自己責任」と言う概念がジワジワと定着してきている証拠です。「自分の健康は自分で守る」、その為には良質な医療機関を選ぶ知恵も必要に成って来ます。誰しも老いる事を遅らせても老いる事は防ぐ事は出来ません。老いる事を遅らせる術は、一つには、脳の賦活です。何でも良く噛めることはボケの防止にも成るし効率の良い栄養摂取が出来ると言う事です。良く噛めるような口の中にしておく必要があります。今の内に良質な医科、歯科を見つけておく必要があるみたいです。当医院では、良質な材料を使用して、良質な口腔内環境を作りその状態を予防と言う手段で長持ちをさせる事に力を注いでいます。総入れ歯でも顎の骨が十分あれば普通の食事は問題ないと思います。最近ではインプラントが色々使用でき、硬い肉でも食べられる様にする事も可能に成りました。老いて来ると、最後に残る楽しみは、食べる事、話をする事、仲の良い友がいる事だと考えています。
最近になり、病気の90㌫は活性酸素で有る事が解っています。
残りの10㌫は、インフルエンザ、エイズ、結核、歯周病etc.
だそうです。活性酸素といえば、コエンザイムQ10、SOD様食品(サプリメント)の事は耳にすると思いますが、これらを選ぶ時には、低分子の物を選択しないと腸管から余り吸収されません。
何時までも、若々しくいられる様に努力してみましょう。

ハーツ  デンタル  クリニック

院長   永橋 克史 (D.rK)

関連記事

  1. 終日(ひねもす)のたり、のたり哉
  2. アリ No.3
  3. No Problem
  4. 貴方の健康年齢は何歳? No.2
  5. 唾液の作用
  6. 紅葉
  7. 取手グリーンスポーツセンター Ⅳ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP