GRIT(やり抜く力)には何が必要か?

身体能力と脳力が優れている人が「ビースト」を乗り越えられるか?あまり関係は無いみたいです。では何が必要か?(「ネバー ギブアップ」決して諦めない!的な心の持ちようが必要みたいです。IQが高く身体能力が良く、能力=脳力があっても1つの事をやり遂げられない人が多くいます。まずは、人生哲学を持つ事。一生をかけてやりたい事を持っていますか?あなたの「情熱」は何ですか?「ネバー ギブアップ」と思える何かに打ち込んでいますか?まずは、それを見つけなくては全て中途半端な出来栄えに成るのでは?では、どの様にして見つけるのか。自分の仕事の優先順位をつける。1、仕事の目標を15~20個紙に書き出す。2、自分にとって何が重要なのかを良く考え、最も重要な物5つに○を付ける。5個を超えてはいけません。3、○を付けなかった残りの目標を良く目に焼き付ける。そして今後はそれらの目標に絶対に関わらない様にする。何故なら、気が散って余計な事に時間とエネルギーを取られ、元々重要な目標に集中出来なくなるからだそうだ。集中できる目標は決まったでしょうか?そこには、自分の才能が活かせる物が目標にあがっていると思います。その才能を活かして、まずは達成感を味わいましょう。才能を活かし努力をすればスキルが生まれます。才能×努力=スキル。そのスキルを活かし努力をしてやっと達成と成ります。スキル×努力=達成   物事を達成する為には2度の努力が必要に成ります。日本人は勤勉化が多く努力と言う言葉には、馴染みがあると思います。才能のある人が努力をしたいと思う様な環境づくりも必要かと思います。
次回 情熱と粘り強さがGRIT

関連記事

  1. 60歳からのシンプル満足生活
  2. ラブの誕生日
  3. 影響力の武器を読んで No.3
  4. 私のインプラントの歴史 その3
  5. GRIT
  6. 改革  No.2
  7. 60兆個の細胞
  8. アリ No.2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP