福寿草

untitled福寿草とは、北海道から九州の山林に生息します。春を告げる花の代表で、別名、元日草(がんじつそう)とも朔日草(ついたちそう)とも言われています。花期は初春で3~4cmの黄色い花を咲かせます。しかし、根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使用された時期も有るみたいです。毒性(アドニン)が強く死に至る事も有るみたいです。花言葉は、永遠の幸福、思い出、幸福を招く、祝福という意味が有ります。何故この様な書き出しに成ったかと申しますと、私の父が今年の9月で95歳に成ります。その父が91歳の時に自費出版で出した本が、福寿草と言う題名で、和歌と川柳をうたっています。その中で、私が選んだ物を幾つか載せたいと思います。 ?  和歌より  四万十川の四季  万の波こえて母なる四万十へひた帰りくる白子うなぎ  は核の不安去らぬ地球を外に見て四万十に浮く鴨の  円居はこの一年なし得たる事の少なさに心急(せ)きつつ  門松を貼る    これは、四万十とは関係有りません。 ?  川柳より  高齢者オレ,オレ,乱射の弾丸(たま)の中  生かされて生きて大地に有る情  同じ時を生きてる虫を掌(てのひら)に 私自身この手のものに余り興味が湧きません、読者の誰かが目にすると幸いに思います。 なお、私の父は1991年海部内閣の時に、勲4等瑞宝章を受けています。父親が立派だと、子供は委縮します。だから私の子供は、自由に育ったかと思います。                                    Dr.K]]>

ムム&ラブ

Image001 画像-0009_002 ムム(シーズーとマルチーズのmix3歳)とラブ(ポメラニアン16歳)です。二人とも女の子です。ムムは、甘えん坊でとっても元気な女の子です。やんちゃすぎて手を焼く時があります。ラブは、お利口で少し怖がりなかわいい子です。家に帰ると、二人で真っ先に出迎えてくれます。これから暑くなりますが、暑さに負けず元気に育ってほしいです。                                    Dr.K]]>

人生が2度あれば

井上揚水のかなり昔の歌である。歌詞を思い出してみた。自分の家族に置き換えてみた。父は今年四月で九十五,母は今年八月で八十六、子供だけの為に歳とった ? ? ? ? 重要な要素を要約してみた。ふ歯の事を考えた。本来は、永久歯が大人の歯ではあるが、歯に関しては、乳歯が親代わりをしているのでは?と思ってみた、すると有る程度つじつまが合う。永久歯(子供)は乳歯(大人)の根っこから吸収をしていき、成長していく。乳歯(大人)の根っこが、健康でなく病気があると、永久歯(子供)は吸収を止め変な方向に道を踏み外す。人間だと不良に成る恐れがある。永久歯(子供)のDirectorでも有る乳歯(大人)の治療を完全に治療し、その前に、人間の大人に乳歯(大人)を虫歯にさせない様に啓蒙する事が必要???????????????                  と思われる。下の写真は我が家の愛犬Love(ラブ)の若い時期と現在十六年目のものです。人生は一度しか在りません。また、歯も一度しか代わりません。悔いの残らない人生を送りたいものです。                           Dr.K  画像-0009_002 __]]>

保険治療と自由診療

日本には、完全保険制度というものがあります。 保険治療は良いものか、考えていきたいと思います。 保険診療のみで治療をするGuestも数多くいます。 保険治療を悪く言っているのではありません。私達が一生懸命治療をしても、金属の型をとり入れようとするとあまり良くない物もあります。保険だから、と言うのも有るかもしれません。良い物を作る為には、歯科医師と技工士の密な連携が必要不可欠です。保険診療では、時間的にも無理があると思います。全てを自費でするのは大変です。歯科医師の立場から見るとここだけは、良い物をという所がいくつかあります。 自由診療という言葉があります。保険診療は自由診療の中のごく一部にすぎません。やりにくい事も多々あります。ただ、一言いえるのならば歯科医師が自費を勧める箇所は重要なKey Toothと成る所です。保険でと言う前に少し考えて頂きたいと言う思いも有ります。保険診療の信者には成らないように。 ????????????????????????????????????????????????????????????????????????? Dr.K ]]>