α-リポ酸

αリポ酸は分子内に2つのイオウ原子を含み、酸化型と還元型の2つの型があります。酸化型とは、相手から原子を奪い相手を酸化させます。還元型とは、相手に原子を与え相手を還元させる作用があります。同じイオウ原子を含む グルタチオンは、還元型しか抗酸化作用を示さないのに対して、αリポ酸は、酸化型も還元型も抗酸化作用を示すのが特徴です。抗酸化作用として、フリーラジカルを消去し、遷移金属をキレートして排除し、細胞内の抗酸化物質であるグルタチオンやビタミンCの量を増やす作用もあります。 同じイオウ原子を持つグルタチオン、ビタミンC,ビタミンE,等の抗酸化を再生する能力が存在します。これらの抗酸化物質は酸化されると抗酸化力が失われます。これを助けるのが、αリポ酸(酸化型と還元型の両方を持つ)の還元型(ジヒドロリポ酸)が酸化された物質を還元し再度 酸化能力を回復させます。フリーラジカルを発生する、鉄 や銅などのフリーの金属イオンとキレート(結合)する事によって活性酸素の産生を抑える事もしています。 多くの抗酸化物質は親水性(水溶性)か疎水性(脂溶性) のどちらかの性質を持っていまが、αリポ酸は親水性、疎水性の両方の性質を持ち、細胞膜、細胞質、核でも作用し、 タンパク質や脂肪など全ての細胞内成分の酸化を抑制、 血液中の物質の酸化も抑制すると言われています。                                    Dr.K]]>

α-リポ酸

αリポ酸は、昔はビタミンB群に含まれていましたが、体内で微量ではありますが作られると言う事で現在は、ビタミン様物質という事に成っています。別名チオクト酸と言われ、多数の酵素の補助因子とし、欠かすことはできません。特に、クエン酸回路の中で、ミトコンドリアでのエネルギー産生に重要な役割を担っています。主な作用は、抗酸化作用、糖質代謝を促進する作用、体内の重金属を排出する作用、糖尿病の神経障害を改善する効果があるとされています。特に、活性酸素などのフリーラジカルによる酸化障害が発症や病態進展に関連している疾患の治療に効果が認められている様です。つぎは、α-リポ酸の抗酸化作用について述べます。                                       Dr.K]]>

ビタミンC

ビタミンCも水溶性で還元作用が強いです。良く還元剤 と酸化剤などと言われますが、相手から電子を奪い相手 を酸化させるのが酸化剤、相手に電子を与えて相手を還  元させるのが、還元剤と言います。ビタミンCはコラー  ゲンの製制に関わっており、酸化作用もあります。  スーパーオキシド(O2-)、ヒドロキシラジカル(OH??  や過酸化水素 (H2O2)などの活性酸素を消去する働き  があります。体内が酸化されると言う事は、鉄を空気中     に放置しておくと錆びることは皆さん知っていると思い  ます。体内も酸化をされると錆びてしまうのです。酸化     =老化とも言えます。活性酸素のフリーラジカルはDNA   やタンパク質を攻撃をします。DNAが変異をすると、癌化が起こる可能性も有るのでは?ビタミンCによるアンチ エイジングしていますか?最近では、ビタミンCを高濃度で点滴をしている人も多いのでは?また、癌細胞がH2O2を分解出来ないのを利用して癌治療の代替治療として注目を受けています。勿論、人間の細胞はH2O2を分解する能力を持っています。ペルオキシターゼ反応と言いますが、身近では、カタラーセ反応として傷口にH2O2(オキシドール)をつけると発泡しますよね、あれはH2O2H2OO2に変えている反応なのです。グルタチオン、アスコルビン酸回路の最終回路のアスコルビン酸ペルオキシターゼ回路の反応です。難しくなりましたが、ビタミンCが良いと言う事は分かりましたよね。それで良いのです。次回はα-リポ酸についてです。                                      Dr.K]]>

ビタミンについて 

まずは、ビタミン類は体内では作れないという事です。

  • O ビタミン名     化合物名
ビタミンB1       チアミン ビタミンB2       リボフラビン ナイアシン      ニコチン酸(ビタミンB3 欠番 (ビタミンB4) パントテン酸     パントテン酸(ビタミンB5 ビタミンB6     ピリドキシン、ピリドキサール ビオチン       ビオチン(ビタミンB7 欠番(ビタミンB8 葉酸         葉酸(ビタミンB9) ビタミンB12     シアノコバラミン ビタミンB群とは水溶性で上記の8種をさしビタミンB複合体ともいわれ、生体内では補酵素として働いています。作用が同じで登録されている、ビタミンB群はまだ多く20種類は在るのではないでしょうか?しかし本当のビタミンB群化合物は8種類しか在りません。ビタミンB群は簡単に言うと、水に溶ける事(水溶性)であることと、炭水化物をエネルギーに変えるときの補酵素としての働きがあるということです。                                        Dr.K]]>

研修旅行 最終

ホテルとは関係が無いがシンガポール エアーラインのキャビンアテンダントのおもてなしも相当な物です。深夜になり、Guestが寝静まってから、15分毎に明かりのついているGuestに何かお飲み物をお持ちしましょうか?とまわっていました、これには感心させられた。????                                                   ???????????????????????????????????????????????????????? Dr.K]]>

研修旅行 No.6

私は、泊ったホテルのステッカーを集めるのが好きで、「Do? you? have any sticker?」とバカの一つ覚えの様に言っておりました。初めは、ステッカーは英語だと思いステッカーと発音し意味が全く通じなく恥をかいておりました。ホテルを歩いていると、Clerk(1)しかいないがあったので「Do? you? speak? Japanese? 聴くとYesの答え日本語でステッカーはありますか?と聞くと無いとの事、仕方が無いので、明日、SMUに行き学生と食事をしながら英会話の勉強、運が良ければ、E-mailの交換をします的な会話をすると、それは素晴らしいですね是非頑張って下さいと言って、ハンカチなら有りますと言って渡してくれました。買えば1000円程の本格的な物でした。各々の受け持つスペースでの、Guestの為になるのならば、有る程度の権限が与えられているのかな?と思いました。 私達歯科業界で働く者にとっても学ぶべき所は色々あります。                                     Dr.K]]>

研修旅行 No.5

最後になりますが、シンガポールのリッツ カールトンのお持てなしぶりと SMUの学生の事を回想します。 リッツ カールトンホテルは日本にもありますが、ホスピタリティ(おもてなし)で有名です。私が行ったのは、シンガポールのリッツ カールトンでした。まず、ドア・マンとでも言うのでしょうか、ドアを開け閉めしてくれる人達の笑顔が素敵でした。 作り笑顔ではなく、本当にこの仕事が好きだという笑顔で迎えられました。私達は子供2人もいたので、4人部屋でした。入ると、テーブルの上に果物とワインの小さなボトルが置かれ、「良い日々を」と言う様なメッセージが有りました。そこで、サプライズでした。お風呂で使用する、シャンプーとボディーソープはリッツ カールトンの物でした。後で、皆に聴くと果物は無いが、シャンプーとボディソープはディオールの物だったり、フェンディー、ビィトン など有名どころの物も有ったみたいです。 各部屋に、何かサプライズを用意しているのかもしれません。全部屋が同じ物ならば、サプライズでは無くなりますよね。至る所でGuestを楽しませようとする心使いを感じました。                                     Dr.K]]>

研修旅行 No.4

また元へ戻りますが、Open Waterで潜れる深度は20㍍位でしょうか?しかし、陸上のような雑音は一切聞こえません。聞こえるのは、レギュレーターから出る自分の呼吸音とブクブクという泡の音です。本当に静かで、心が癒されます。魚も色鮮やかに自分を自己主張している様に近くまで寄って来てくれます。サンゴ礁も長く大きく綺麗に広がっています。と、 ここまでは良い所、危険な事も書いておきます。例えば、肺活量が3,000ccの素潜りの人が、40㍍潜りそのまま息を止めて海面に出ても何ら問題は有りません。何故なら40㍍潜り5気圧の抵抗を受け肺は600ccに成ってはいますが、無呼吸で海面に出ています。しかし、素潜りで40㍍潜り、苦しくなり見てみるとレギュレーターが有りました。もし、この人がレギュレーターで3000ccの空気を吸い込みそのまま海面に出てしまいました。どうなるでしょうか?レギュレーターは5気圧の抵抗を受けている圧縮空気です、海面に出ると、15000ccの空気が必要ですが、この人の肺活量は3000ccだっので肺が爆発してしまいます。この事を Air Embolismと言います。講習を受けた時も、印象強くAir Embolism=肺大爆発 と覚えていました。しかし、この様な例は映画でしか見られないでしょう。一般的には、20㍍を30分~45分潜っていると、水深5㍍位の所で安全停止(減圧停止)を3分~5分位はさせられます。また、スキューバ ダイビングをした後24時間は高い所(飛行機、山、スカイダイビング)は出来ません。気圧の変化により、体内や脳の窒素がビールの栓を抜いた時の様に気泡化をして減圧症(窒素が気圧の変化により膨張を起こし、物凄い痛みを生じる)を生じる為。スカイとスキューバ面白さ、美しさ、危険度を考慮すると、私はスカイの方が好きです。                                        Dr.K]]>

研修旅行 No.3

次に、スキューバ・ダイビングの回想

深海に潜ることは、素晴らしい、陸上では絶対に見る事の出来ない未知との遭遇でした。しかし、危険も伴う為、講習を受ける事も必要かと思います。逆回転もっと過去にさかのぼります。私は、大学時代に伊豆の方で3泊4日の講習を受け(PADI)ました。Open? Waterのライセンスも、持っていました。また、4級船舶の免許も取っていましたが、日本では出来る場所、時間、お金が作れなく結局更新し忘れ現在に至ります。 ?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? Dr.K]]>

研修旅行 No.2

まず、チャレンジと言う意味ですが、 皆さまご存じの「挑戦する」の意味の他に「やりがい」と言う意味もあります。スカイ・ダイビングは「やりがい」があると思っています。ジェット・コースターよりも、全然怖くなく、ジェット・コースター特有のお腹がキューと成る事が有りません。私は、ジェット・コースターも好きですが、あのお腹にキューと来る感覚は余り好きではありません。グァムなどで、商売にしているスカイ・ダイビングは高度4000㍍から、自由落下を行いますが、空気の抵抗や浮力等を計算に入れ安全性の高いものにしていると思われます。勿論タンデブーで質量は大きくなります。真空中では、質量に関係なく、物質は同じ速さで落下しますが、スカイ・ダイビングの面白さは、空気抵抗があり浮力もあります。まず、飛行機で高度4000㍍まで上がりそこから2人で自由落下しますが、空気の抵抗と浮力の存在のため、実際には時速200㎞で落下しているにも関わらず落ちているという感覚が有りませんでした、だからジェット・コースターの様なお腹がキューとする感覚も有りません。空中に浮遊している感じでしょうか?しかし、風当たりはすごいです。 何㍍位落下したのか分かりませんが、感覚的には2500㍍位かと思いますが、そこで パラシュートが開きました、その瞬間これも感覚的な物ですが、100㍍位は上昇したように思います。後は、景色を楽しみながらの空中遊泳です。実に素晴らしい景色で感動します。学んだ事、浮力(下から上に働き重力を妨げる)重力は、質量に比例するが、空気抵抗や浮力は質量に比例はしないという事です。次回は実弾撃ちについて書いてみます。                                        Dr.K]]>