キュアとケアとヒール No.3

歯科においてのヒールとは?

 ヒール(癒し)は医科においても難しい のでは、ないでしょうか?何故なら各個人のヒールが一定ではない事、各個人のその場の感情により形が変わり、その感情に合わせた物を提供しなければ、ヒールとならない事など難しい問題があります。ましてや、歯科=痛いが常識の中で、どの様に考えれば良い物か?例えば、医科では、在宅ケア(往診)が有りました。歯科でも、最近になり、在宅治療が目覚ましく発展して来ました。私は、在宅治療は歯科でのヒールに成りはしないかと考えています。                                            Dr.K]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です