成長と自己変革を続けている人が持つ6つの特徴

1、ビジョンを持っている・・・いつまでも諦めずに、目標とビジョンを持って
自分の道を歩き続ける。失敗し続けるに違いなくとも完全を求めて行く。
2、誇りを持ち、完全を求める・・・仕事において、誰もみていなくても、完
壁さを求め、成果に誇りを持つ。
3、日常生活の中に継続学習を組み込む・・・常に新しいことに取り組んで
いる。自らに対し、常により優れたことを行なうことを課している。
4、自らの仕事ぶりの評価を、仕事そのものの中に組み込む・・・仕事の中で、定期的に自分の仕事ぶりを振り返り、検証と反省を行なう。
5、重要な決定をする際、期待する結果を書き留めておく・・・そうすることで、改善や変更や学習しなければならないことを知る。得意でないこと、他の人に任せるべきことまで知っている。
6、新しい仕事が要求するものを考える・・・仕事や地位や任務が変わったときには、新しい仕事が要求するものについて、徹底的に考え、実行する。
これら6つの特徴の前提になる、最も重要なことは、成果を上げ続け、成長と自己改革を続けるには、自らの啓発と配属に自らが責任を持つ事。
(プロフェッショナルの条件ーいかに成果をあげ、成長するか)
作者:P・F.ドラッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です