最近の歯科医療の歯ぎしりに対しての処置(その2)

 咬筋、以外の歯科ボツリヌストキシン療法
 ガミースマイル;笑った時に歯茎が必要以上に露出をしてコンプレックスを持っている人、それを売りにしている人は良いでしょう。
 顎の下(オトガイ部)に出来る、梅干しシワ
 口角が極端に下がっている人
 下の総入れ歯で顎の骨がなく、口を開けると入れ歯が後方へ押され、入れ歯が落ち着かない人、主に老人に多いが、一般的には舌圧で歯が前方に出て来るのを抑制している。その役目を下口唇が担っています。歯が無くなると、その圧力で入れ歯が後ろへ押される事に成ります。その力のコントロールをします。

Dr.K

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です