色の変色、精度の高さで長期的な使用が可能なセラミック

風邪やケガなどで、病院に通院したとしても、よほどの事がないかぎり治療には終わりがあり、完治し通院しなくても済むようになります。

しかし、歯の治療は果たして風邪やケガと同じでしょうか?

治療した歯は、時間と共に劣化や変色をおこし、時には虫歯になる可能性がつねに付きまといます。これらの事を考えると、長期にわたって使用できる歯、虫歯になりにくい歯が、必要とされるのはあたり前の事だと言えるでしょう。

メタルフリーで使用するセラミックで作った歯は、銀歯やプラスチックの歯よりも、より長期間使用できるように作られています。一次しのぎの銀歯より、良い品質の歯を長く使いたいのなら、セラミックがおすすめです。

その理由の一つに、変色をしない事があげられます。歯の変色ぐらいならと思うかも知れませんが、さし歯や前歯の変色は、他の歯と比べる事となり、変色してしまうと、さし歯を使用している事がわかられてしまいます。

しかし、セラミックで作った歯であれば、白い歯が長持ちし、何年たっても色が変わる事はありません。セラミックは、汚れが付きにくい特徴をもっているので、他の色寄せ付けずいつまでも白い歯として、保つ事ができるのです。ちなみに保険が適用されるプラスチックの材料は、水分を吸収してしまい色が付いてしまいます。

そして、セラミックのもう一つの特徴として知っておいて頂きたいのが、精度の高さです。銀歯やプラスチックよりもセラミックは、精度が良く虫歯になりにくいのです。精度とは、高い技工を施す事が可能になるという事です。

1人1人にあった歯を、高い技工によって、より自然で違和感のない噛み合わせでお作りし、長い期間ご自分の歯として、使い続けられます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA