最高のセラミックを選ぶのならジルコニアがベスト

メタルフリーにするのならセラミックは欠かせませんが、金属よりも弱いために強い力を加えると欠けてしまうという欠点があります。セラミック治療を行っても、セラミックが、欠けてしまったらとても残念な結果になってしまうのです。

そんなセラミックの欠点を補うように作られたのが、ジルコニアという材料を用いてつくられたジルコニアセラミックです。セラミックの中でも、一番硬い材質で作られ、強い力が加わっても、今までのセラミックのように欠ける事がありません。

ですから、セラミック治療を行ったけれど、欠けてしまうので自分には合わないと、諦めている人は、ぜひジルコニアのセラミックをお試しください。セラミックが欠けてしまう人の特徴として上げられるのが、歯ぎしりが強い方、噛む力が強い人が上げられます。

硬い物を避けるという事は可能ですが、歯ぎしりは慣習的な場合が多く、すぐに治るものではありません。しかも、歯に掛かる負担は、他の人よりも多いので、歯やアゴのためにもジルコニアをお勧めしたいと思います。

だからと言って、すべてをジルコニアにするには、抵抗があると感じてしまう方には、噛み合わせの力が一番強くなってしまう、奥歯への利用を考えてみてはいかがでしょうか?

もしも、一番力のかかる奥歯がジルコニアになるのなら、セラミックのように歯が欠ける心配をしなくても過ごせるようになりますし、ご自分の歯として、一生大事に使用できます。また、ジルコニアの強度を利用するのなら、ブリッジやインプラントの強度が必要となる土台などに使用する事で、強度のあるジルコニアとしての利用価値が生まれる事は間違いありません。

今までのセラミックよりも、一歩先を行く、最高級のジルコニアは、ご自分の歯として一生活躍してくれるのではないでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA