人工歯はどんな素材で作る事ができるのか?

むし歯の治療などで、削った歯や失った歯を修復してくれる人工歯は、無くてはならないものですが、現在では幅広い素材の人工歯が存在しています。お口の中に長期間入っているのですから、どんな素材なのかしっかりと知っておくべきではないでしょうか?

昔から歯の詰め物や被せ物に使用されている銀歯、保険の適用されており安い価格で治療する事ができます。銀歯の素材は、金銀パラジウム合金とニッケルクロム合金でできています。前から4番目以降に使用しますが、金属アレルギーを起こす可能性や、腐食しやすいというデメリットを持っています。

ゴールドは、いわゆる金歯です。金合金や白金加金などの貴金属が素材となっています。白い歯とは対照的で、見た目がよくありませんが、劣化せずに優しい自然の歯に近い感触をもたらしてくれます。

ジルコニア・エクセレントは、当院で扱っている最高の人工歯です。手でセラミックを盛っていきますので、個人個人に適合した天然歯により近い歯に仕上がります。最高級のジルコニアと言えるでしょう。

ジルコニア・グレイトはジルコニアフレームにセラミックをプレスして仕上げる究極の審美材料です。ジルコニア・エクセレントよりは見た目はやや落ちますが、自然の歯に近く、金属アレルギーの心配はありません。

ジルコニア・スーパーグッドも、セラミックのみで制作されています。ジルコニア自体の色合いのみ表現となっていますので、透明感が他のジルコニアよりも劣りますが、こちらも究極の審美素材でできた人工歯といえるでしょう。

オールセラミックe-maxは、100%のセラミックを使用した陶器のような風合いを持っている人工歯です。ジルコニアよりも強度は劣りますが、変色しにくく見た目は白く美しい歯となっています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA