重要なのは年を重ねても若々しく健康な歯でいられる事

年齢を重ねると、体が老化してしまうのは当然の事ですが、最近は老化を遅らせる事ができるのではないかと、研究が重ねられています。アイチエイジングを目指せば、誰もが健康長寿を手に入れ、充実した日々を過ごす事ができるのかも知れないのです。
そこで、年をとった時に自分の歯がどれくらい残っているかは、重要な事となります。
日本人は、アメリカやヨーロッパの人達と比べると、残存する歯数が少ないのをご存知でしょうか?
日本では歯の定期的なクリーニンを行っている方は少ないのですが、欧米の人達は、歯の大切さを認識し、子どもの頃から定期クリーニングを行っています。日本人には、その習慣がなかったために残存する歯が少なかったと言えるのです。

では、年をとっても健康な歯でいるためにはどのようなメンテナンスを歯に行えばいいのでしょうか?
先ずは、定期的に行うクリーニングです。クリーニングは、歯周病の予防し進行を遅らせる効果があります。毎日歯を磨いているのだから、クリーニングしなくてもいいのでは?と感じるかも知れませんが、歯ブラシでは取れない歯石の除去、除去後の研磨、歯の状態をチェックする事ができます。自費のクリーニングでは、さらにその効果が高まり、虫歯や歯周病や口臭の予防、審美性においても効果が得られるのです。

また、審美歯科では被せ物や詰め物を、セラミックに変える事で、審美性を追求しながら、虫歯を予防し、金属アレルギーのリスクを抑え、アマルガムの脅威から解放してくれます。

むし歯があるから歯医者に行くのではなく、予防歯科や審美歯科などを積極的に利用する事で、アンチエイジング効果を手に入れてみてはいかがでしょうか?若々しく健康な歯は、誰にも叶える事ができるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA