金属アレルギーはある日突然に

食物に対して起こるアレルギーは、体質や遺伝など原因で起こり、少ない量を口にしたり、触ったりしただけでも痒みや湿疹、皮膚の腫れが出てきます。しかし、金属アレルギーはある日突然に起こります。今まで何でもなかった、金属に対して皮膚がただれ、痒みや腫れが発症するのです。

アレルギーは、一度起こしてしまうと完治するのが難しく、金属を排除しなければなりません。自分はアレルギー体質ではないと思っている場合が多くいますが、金属アレルギーは、誰でも起こりえるアレルギーなのです。

金属アレルギーの原因は、ネックレスや指輪など、金属への接触に気をつけていれば問題ないと思っていませんか?それ以外にも人々が長い間金属に接触する機会を忘れてないで下さい。それは、銀歯です。銀歯の素材である、金銀パラジウム合金が金属アレルギーを発症させます。

金属アレルギーの特徴として、アレルギー発生までの期間が長い事が上げられます。金属アレルギーが発症には、原因となる金属が体内に入りこんで、アレルゲンとなるまで約5年以上の年月をかけて、体内に取り込まれていきます。ですから皮膚にアレルギーの症状が出た時には、すでに高濃度の金属が体内を駆け巡っているかもしれないのです。

特に、歯医者で使用している銀歯によってのアレルギーには気を付けなければなりません。唾液によって溶けだした金属が、体内に入り金属イオンが汗となってアレルギーを発生させ、口のただれ以外にも手などに、アレルギー症状を引き起こします。困ったことに、銀歯によるアレルギー症状は、原因が突き止めにくいという、デメリット部分を持っていますので、皮膚科の先生でも銀歯が原因とは、わからないのではないでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA