歯ぐきが黒いのは、銀歯のせい?

普段は、目立つ事のない歯ぐきですが、ふと見ると歯に近い部分の歯ぐきが黒ずんでいる事があります。この黒い原因を知らない方は、単に加齢によるせい、歯ぐきの病気と感じてしまうのではないでしょうか?
実は、

この歯ぐきの黒ずみは、歯の治療によって起こるものです。

歯ぐきの黒ずみが目立つのは、前歯の周辺に起こり、それは、差し歯をした歯ぐき付け根に発生します。これは、差し歯の土台として使用している金属によるものと考えられます。保険の適用となっている金属は、銀を中心として作られている金銀パラジウム合金がほとんどです。金属は口の中で、唾液や歯ぐきに長時間触れることで、金属イオンとなり、歯ぐきの中に少しずつ解けだしていきます。金属のなかでも、銀のイオンは歯ぐきを黒くしてしまう作用が強く働きますので、その結果、歯ぐきが黒くなってしまうのです。

歯ぐきの黒さは、見た目の問題だけで、歯ぐきが病気になってしまう訳ではありませんが、健康的な歯ぐきとは思われないのは、残念な事ですね。
そして、

歯ぐきの黒ずみが進行すると、歯ぐきは銀イオンを嫌がりますので、歯ぐきが下がり差し歯と歯の堺が見えてしまう場合もでてきます。

こうなると、見た目はさらに悪化し、何らかの手を打たなければいけなくなるのです。

黒くなった歯ぐきの治療方法としては、差し歯に使われていた金属を、非金属に変えるだけで、歯ぐきが黒ずむといった不安は解消されます。

原因となっている金属を取り除けば、黒ずむ心配はなくなるのです。
しかし、すでに黒ずんだ歯ぐきは、金属を取り除いても治らない場合も多く、長年蓄積した歯ぐきの黒ずみを取り除くには、歯科用のレーザーを用いて色素を除去する事になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA