メタルフリー

セラミックなら優しい噛み合わせと、むし歯への不安を解消

虫歯の治療を行う際に、その噛み合わせの良さは、大切なポイントとなっているのを知っていますか?

虫歯の治療後に、ちょっとした噛み合わせの不具合があったりすると、頭痛や痛みの原因になる可能性が出てくるのです。

銀歯で治療した後に、噛み合わせに高いと違和感が出た時には、修正をしなくてはいけません。銀歯は歯よりも硬い素材となっていますので、そのままにしておくと噛み合わせとなっている自分の歯を痛めてしまうことなるのです。

ここで注目してもらいたのが、歯の硬さについてです。歯の硬さ、銀歯の硬さなど、見た目ではほとんどわかりませんが、素材には硬さがあります。お口の中は、常に物を噛むという動作をしているわけですから、この硬さによって違和感が生じてきます。できれば、自分の歯の硬さに合う素材を選ぶのが一番良いと言えるでしょう。

そこで、セラミックの素材に注目して欲しいと思います。セラミックは銀歯よりも硬くなく、生体親和性のある素材となっていますので、ご自分の歯を痛める事無く、自然に自分の歯として馴染んでいきます。特に、噛み合わせに不満を感じる方には、安心しておすすめできる素材です。

また、歯の治療を行ったとしても、長年使い続ける歯は、徐々に劣化し虫歯へと発展する場合が考えられます。虫歯の痛さは誰しも避けて通りたいものです。セラミックは、銀歯と違って虫歯になりにくいという嬉しい特徴をもっています。

自分の歯との境目が銀歯よりも隙間なく詰める事ができるので、隙間に汚れや細菌が混入する割合が減り虫歯の発生を防いでくれます。さらに表面がツルリとした素材なので、汚れが付きにくく落としやすいといったメリットがあります。

歯の噛み合わせや、虫歯のリスクに重点を置くなら、セラミックを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

色の変色、精度の高さで長期的な使用が可能なセラミック

風邪やケガなどで、病院に通院したとしても、よほどの事がないかぎり治療には終わりがあり、完治し通院しなくても済むようになります。

しかし、歯の治療は果たして風邪やケガと同じでしょうか?

治療した歯は、時間と共に劣化や変色をおこし、時には虫歯になる可能性がつねに付きまといます。これらの事を考えると、長期にわたって使用できる歯、虫歯になりにくい歯が、必要とされるのはあたり前の事だと言えるでしょう。

メタルフリーで使用するセラミックで作った歯は、銀歯やプラスチックの歯よりも、より長期間使用できるように作られています。一次しのぎの銀歯より、良い品質の歯を長く使いたいのなら、セラミックがおすすめです。

その理由の一つに、変色をしない事があげられます。歯の変色ぐらいならと思うかも知れませんが、さし歯や前歯の変色は、他の歯と比べる事となり、変色してしまうと、さし歯を使用している事がわかられてしまいます。

しかし、セラミックで作った歯であれば、白い歯が長持ちし、何年たっても色が変わる事はありません。セラミックは、汚れが付きにくい特徴をもっているので、他の色寄せ付けずいつまでも白い歯として、保つ事ができるのです。ちなみに保険が適用されるプラスチックの材料は、水分を吸収してしまい色が付いてしまいます。

そして、セラミックのもう一つの特徴として知っておいて頂きたいのが、精度の高さです。銀歯やプラスチックよりもセラミックは、精度が良く虫歯になりにくいのです。精度とは、高い技工を施す事が可能になるという事です。

1人1人にあった歯を、高い技工によって、より自然で違和感のない噛み合わせでお作りし、長い期間ご自分の歯として、使い続けられます。

アレルギーと化学変化に強いセラミック

現在では、昔よりも様々なアレルギーによる患者が増えています。春になる花粉症を始めとして、お子様の中には牛乳や小麦などの植物アレルギー、ダニアレルギー、猫アレルギーなど、現代病と言っていいほど広がっています。

アレルギーの怖さは、昨日まで平気だったのに、今日からアレルギーとなってしまう事。さらに、特効薬がなくアレルギー体質になってしまったら、その物質を排除するしか手立てがない事です。そんなアレルギーにならないために推奨できるのが、メタルフリー治療なのです。

まずは、ご自分が金属アレルギーでないかチェックして見てください。ピアスやネックレス、ブレスレット、金属のボタンなど、金属が当たる部分が赤くなる。口内炎が治らない。手のひらや足の裏が赤くただれる。最近歯の治療で金属を詰めた。口の中にある金属周辺が白くなる。これらの症状が現れたら金属アレルギーを疑っていいと思います。

このような、金属アレルギーにならないために作られたのが、セラミックです。セラミックとは、陶器などに使う材料の事をいい、カップや食器で使う陶材で作られています。ですから、金属アレルギーの心配はなく、現在においては材質の進歩もあいまって、噛む力にも対応し、壊れにくく審美な面からも優れた人工歯となっているのです。

セラミックの特徴として、溶けにくいという面も注目して欲しい点です。金属のかぶせ物や銀歯があると、お口の中にある酸に化学変化を起こしてしまい、金属アレルギーや体調の変化など、健康にまで害を及ぼしてしまいます。その点を考えると、セラミックであれば酸と化学反応を起こす事なく、溶けだす心配もありません。

このような事を総合的に考えてみると、セラミックは歯となるには最適な素材だと言えるのです。

健康&素敵な笑顔はセラミックで取り戻そう

アンチエイジングが生活の中であたり前のように、聞かれるようになりました。誰しも若く見られる事に喜びを感じ、いつまでも昔のままの姿を求めています。そして、それが健康に繋がるのならなおさらの事ですね。

アイチエイジングをしてみたいと思ったら、まずは歯の健康を考えてみてはいかがでしょうか?そして、ご自分の歯の健康を考えたのなら、メタルフリー治療も選択の一つに入れてみて下さい。

メタルフリー治療というのは、金属を使わない歯の治療方法です。まずは、ご自身のお口の中を開けてご覧になって下さい。保険治療が適用される歯のかぶせ物には、長年にわたって銀歯が使われています。過去に治療した歯が、お口の中に見つかるのではないでしょうか?

銀歯は、保険治療とあって安くすみますが、お口の中をご覧になってもわかるように、白い歯の中にギラリと光る銀歯は、美しい歯とは言えません。にっこりとほほ笑んだ時に、ギラリと銀歯が光ったら美しい笑顔も半減してしまいます。

また、銀歯で使用されている材料は、金銀パラジウム合金やアマルガムを使用しています。耐久性はありますが、長年お口の中で金属アレルギーを引き起こす可能性が出てきます。しかも、お口の中の銀歯がアレルギーを起こしていると思わないので、発見するのが遅くなります。

さらに、銀歯は歯との隙間がどうしても出てくるため、接着部分に汚れや細菌が入り、虫歯になりやすい状態を作ってしまいます。気がついたら銀歯の下が虫歯という事が多いのです。

これらの事を考えて、メタルフリー治療を行えば、健康的な白い歯が手に入ると同時に、素敵な笑顔と口元となり、アンチエイジング効果へとつながって行くのです。まずは、お口の健康を考えてみませんか?

メタルフリー治療に使われる素材とは?

金属アレルギーや、本来の歯の美しさを考えたなら金属を使わないメタルフリー治療が有効となります。また、メタルフリーにより歯の健康を補う事は体の健康にも通じ、長寿社会において必要不可欠なものとなるのではないでしょうか?

そこで、金属を使わないメタルフリー治療では「金属の代わりにどのような素材を使っているのか?」が、気になるところです。こちらでは、メタル治療に使われる素材についてご紹介したいと思います。

金属のかわりに使用しているのは、ずばりセラミックです。セラミックは、金属アレルギーの心配もなく、歯本来の色合いに近く、制度も高い素材。セラミックは1種類ではなく、セラミックの精度や品質によって分けられています。では、セラミックの種類を見てみましょう。

「オールセラミック」は、名前の通り100%セラミックで作られています。陶器のような趣があり、白い歯を再現するとともに、ご自分の歯に合わせた色合いを出す事も可能です。しかし、強度はありますが粘り性に欠けるため、欠けたり割れたりする心配がありますので、歯ぎしりをしている方には「オールセラミック」は向いてないと言えるでしょう。

「ジルコニア スーパーグット」はセラミックで作られている良質の審美材料、全てがジルコニアで作られていますが、ジルコニア本来の色合いだけなので、ご自分とぴったりの歯の色を見つけるのは、難しいかも知れません。

「ジルコニア グレイト」こちらもセラミックのみで作られている審美素材ですが「ジルコニア スーパーグッド」と比べるとご自分の歯の色に近づく事ができ、審美性においてナチュラルな歯として作る事ができます。

「ジルコニア エクセレント」は最高級のジルコニアとも呼べる歯を作り上げます。手でセラミックを盛り込んで行くので、ご自分の歯と見分けがつかないぐらいに仕上げる事が可能となっています。一番良い歯を選びたいとお考えなら、こちらの「ジルニコア エクセレント」が最適です。