歯科商品選びが大切!歯ブラシ、タフトブラシ、電動歯ブラシをどうやって選ぶの?使うの?

歯科商品選びが大切!歯ブラシ、タフトブラシ、電動歯ブラシをどうやって選ぶの?使うの?

 

歯というのはとても大切な組織です。一度欠けたり、むし歯になったりするともう二度と再生するとはありません。それは咀嚼機能を損なうだけでなく、口元の審美性も低下させることとなります。それだけに、むし歯予防や歯周病予防というのは、普段から徹底させておきたいものですよね。ここでは、歯科医師が考える日々のオーラルケアについて、最も有効と思えるものを詳しくご紹介します。

 

医療法人社団ハーツデンタルクリニック 院長(歯科医師、歯学博士)監修
監修者 歯科医師 永橋克史 ハーツデンタルクリニック西白井駅前の院長。城西歯科大学(現 明海大学)卒業。仕事でうれしい時は思うような治療ができ、患者様に喜ばれ、お礼を言われたとき。
ハーツデンタルクリニック西白井駅前
監修者 歯学博士 高田耕司 日本歯科麻酔学会認定医、歯学博士。麻酔での無痛治療を得意としている。
ハーツデンタルクリニック八千代中央駅前
監修者 歯学博士 加瀬武士 ハーツデンタルクリニック谷塚駅前の院長。日本大学歯学部歯学科卒業。補綴学を専門分野としている。
ハーツデンタルクリニック谷塚駅前

 

シンプルな歯ブラシでかたさはふつう

 

最近は、いろいろな形をした歯ブラシが販売されています。毛先が波型になっていたり、極細毛でとても繊細なブラッシングが可能な歯ブラシなども市販されていたりします。こういった歯ブラシにはそれぞれの特色を最大限に生かせる場があるのですが、一般的なブラッシングをする上ではもっともシンプルな歯ブラシの方が適切であるといえます。

 

具体的には、毛先が真っすぐで平らに揃っている歯ブラシで十分です。また、硬さに関しては「ふつう」を選ぶようにしましょう。こういうとてもシンプルな歯ブラシで、正しいブラッシングをすることが何より大切です。

 

タフトブラシや歯間ブラシも活用する

 

私たちの歯列というのは、とても複雑な形をしています。特に叢生や八重歯など、歯の傾斜が多く見られる歯列では、磨き残しが多くなる傾向にあります。なぜなら、こういった歯列には普通の歯ブラシだけで対応するのが難しいからです。そこでお勧めなのが、タフトブラシと歯間ブラシです。タフトブラシというのは、ヘッドの部分がとても小さな歯ブラシです。通常の歯ブラシはいくつかの束が集まって、ヘッドの部分を形成しているのですが、タフトブラシは1つの束で構成されています。そのため、ワンタフトブラシと呼ばれることもあります。

 

このブラシを使えば、歯列が乱れた部分や一番奥の歯も上手に磨くことができます。

 

歯間ブラシは文字通り、歯と歯の間の汚れを取るためのブラシです。歯間の汚れというのは、通常の歯ブラシでは除去することが難しいため、歯間ブラシが果たす役割は大きいといえます。

 

電動歯ブラシのメリット・デメリット

 

歯ブラシを選ぶ際に、誰もが一度は使おうか迷うのが電動歯ブラシですよね。電気でブラシの部分が振動するので、とても手軽に、歯を磨くことが可能な器具です。

 

実際、歯科医師でも電動歯ブラシを患者さんに勧めている人は少なくありません。これは電動歯ブラシを使うことによって、無闇に歯や歯茎を傷つけるおそれがないからです。

 

また、確実にブラッシングを行えるので、本来は磨けていないのに磨いた気になることがないという利点があるからです。ただ、電動歯ブラシでは除去しにくい部位などもあるため、通常の歯ブラシとの使い分けが必要になるケースもあります。ですので、大まかな部分は電動歯ブラシを使って、磨き残しが多くなる細かい部分には、通常の歯ブラシを使うという方法も良いでしょう。

 

出先で活用した液体歯磨き

 

液体歯磨きは、歯を磨いた後に口をゆすぐ必要がないというメリットがあります。

 

また、液体歯磨きに含まれる成分が、口腔内の隅々にまで行き渡るため、効率的にブラッシングすることができ、むし歯予防の効果も高いと言えます。その他、発泡作用が小さいため、あまり泡立つことがありませんので、磨いた気になるのを防ぐ効果もあります。

 

こういった特性を持つ液体歯磨きは、職場や外出先など、じっくりと歯磨きをできないシチュエーションでその効果を最大限発揮します。時間がない時に、液体歯磨きで少しでも歯を磨くことで、口腔内の衛生状態は各段に向上します。

 

まとめ

 

このように、日々の口腔ケアはケースに応じて様々な歯ブラシや歯磨き粉を使い分けていくことをお勧めします。すべての清掃器具を揃えると、とても費用がかさんでしまうように思えますが、それで歯を健康に保つことができるのであれば安いものです。たった1本の歯でもむし歯になれば沢山の治療費がかかります。

 

また、歯は80年間使い続ける大切な組織ですので、フルコースのオーラルケアを施していきましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA