入れ歯(保険内)

入れ歯の治療について保険内

当院では、他院にはない工夫をして皆様に快適に使って頂ける、一人ひとりに最適な入れ歯をお作りしています。

当院で作る入れ歯の特徴

合わない、落ちる、噛み合わせが悪い、噛めない、食事が美味しくない、発音がおかしくなった…など、入れ歯の悩みは多様です。当院ではこのような声を踏まえ、一人ひとりに合った最適な入れ歯を、一つひとつ心を込めて丁寧にお作りしています。

入れ歯に使用する材質の違い

レジン床義歯と金属床義歯ではお口の中の快適さが違います。

レジン床義歯(プラスチックの入れ歯)とは

保険で使用される一般的な入れ歯です。プラスチック製なので、割れないように、ある程度の厚みが必要になります。厚みがあるので、うっとうしく感じる方もいらっしゃいます。

金属床義歯とは

歯の部分以外の上顎や下顎に使用する部分が、金属で作られている保険外の(自費)入れ歯です。
金属床はレジン床に比べて薄く仕上げることができるので、口の中に入れたときの適合性にすぐれ違和感が少なく済みます。食べ物や飲み物の温度が口の中に伝わりやすい利点があります。

レジン床義歯と金属床義歯の比較

レジン床義歯(保険) 金属床義歯(自費)
変 形
熱伝導性 悪い、特に上顎での装着感が悪い 良い、伝わりやすい
吸水性 吸水性があるため汚れや臭いがつきやすい 吸水性が無いため清掃性が良く清潔
調整修理 しやすい 難しい

自費による入れ歯治療はこちらをご覧ください。