口腔外科

口腔外科とは

口は歯だけでなく、歯を支えている顎の骨や舌、歯肉、頬粘膜などで構成されています。それらの組織、粘膜の異常を外科的に診断・処置するのが、口腔外科になります。口もカラダの一部。ゲストの健康状態を第一に考え、全身の症状を考慮しながら、問題があれば適切な医療機関を御紹介することもあります。

口腔外科の治療

  • 顎関節症の治療(咬合チェック、マウスピース等)
  • お口の中のガン
  • 親知らずの抜歯
  • 口の中の腫れ・できもの
  • あごの骨折
  • 歯の外傷

口腔外科の一般的な処置内容

1
親知らずの消炎・抜歯処置

当院では、親知らずの抜歯に関して、定期的な洗浄、対応策を十分にご説明した後に、処置いたします。ゲスト個々で親知らずの状況は様々です。
親知らずにお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

2
顎関節症(あごの違和感、痛み)

当院では、顎関節を詳細に診断するレントゲン撮影を行い、関節の状況、処置方針をご説明します。一般的には、マウスピースを用いた治療を行いますが、一過性の痛みの場合は鎮痛薬の服用で治まる場合もあります。

3
粘膜疾患

お口の中はいろいろな細菌でいっぱいです。口内炎〜癌まで、粘膜はいろいろな症状を示します。初期のサインを見逃さずに、適切な処置をすることが重要になります。